プロフィール

Starway

Author:Starway
カナダでの生活や手探りの多言語教育をオンタイムで発信してます。
にほんブログ村 子育てブログ マルチリンガル育児へ
にほんブログ村





育児ブログ・ランキング



レーシック


投資信託



free counters

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

フリーエリア

DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:子育て
知らないと損をする今なら無料のアフィリ教材 永久保存版


s-undokai008.jpg


先日トラック アンド フィールドという
陸上競技大会が開催され
ゆっこが200メートルでメダルを取って
きました。

最近、ゆっこの快進撃が止まりません。笑
バイオリン競技会1位、プレゼンテーションA+
今回の大会と曲がりなりにも
文武両道が実現できてます。

以前にも書いたのですが
褒めて育てるか、叱って育てるか
親としては悩むところですね。

我が家は今のところ前者で
うまくいってるなと
勝手に解釈しています。

ある種目のコーチは
褒めた瞬間から伸びなくなる
との信念から
徹底的に厳しくしてチームを
引っ張っていました。

そのチームに選手として所属し
コーチに叱られてなんぼ
の精神で喰らいついて、
オリンピックレベルまで
上り詰めた友人いわく
今の子には通用しないと思う
と言っていました。

せっかく達成した結果を
一番褒めてもらいたい親に
”やればできるんだね”ぐらいに言われたら
”自分は普段できていないんだ”という
マイナスイメージが刻まれてしまうでしょう。

タイトルがあろうがなかろうが
欠点があろうが、弱みがあろうが
そのままでとってもすばらしい人間なんだよ
という根拠のない自信を養ってあげるのが
親の役割ではないかなと思っています。

応援クリックありがとうございます。
にほんブログ村 子育てブログ マルチリンガル育児へ
にほんブログ村


海外在住でも成功できる在宅オンラインビジネス





スポンサーサイト
DATE: CATEGORY:子育て
読書

最近ゆっこは"ヒューゴの不思議な発見
の原書を読了し、読書に自信をもったようです。

聖書を思わせるような分厚い本ですが
そのうち半分はイラスト 笑

でも根気よく読み進め、物語の世界に
入り込むことで読みきった満足感に
溢れていました。

タイミングよく映画がテレビで放映
されたので原書と映画の違いも
味わえ今後の読書に弾みがつく
一冊となりました。

一方みっこはシェークスピアの
ロミオとジュリエット
さすがに400年前の英語表現には
悪戦苦闘しているらしく挫折しそうな勢い 笑

読了したら演劇か映画で再度
味わえたらと思います。

幼い頃の読み聞かせ効果がでてきたのか
娘たちは本好きで、市内に点在するどの図書館
からも貸し出し、返却ができる優秀なシステム
も幸いしていつも好きな本を身近に置く習慣が
つきました。

たまに返却の催促もくるのですが 笑



応援クリックありがとうございます。
にほんブログ村 子育てブログ マルチリンガル育児へ
にほんブログ村


海外在住でも成功できる在宅オンラインビジネス
DATE: CATEGORY:子育て
ピアノ

みっこはピアノでグレード10を
練習中。弾く曲もショパンやリスト
など豪華な楽曲が続きます。

思春期に入った最近は
”完璧だと思っていた親は
実はそうでもないんだ”オーラ
いっぱいで結構ツンツンしてきます。

そんな最近、みっこが赤ちゃんだった頃
どんなにかわいかったかとか、どんなしぐさを
して見せたとか そんな話を聞かせたら
ツンツンが解けてきました。笑

子供は親からどんなに愛されているか
を知ると自分に自信が持てるのだと
思います。自分に自信が持てると
他人をもっと愛せるようになる。

そんな豊かな心でピアノにも
向かって欲しいと願ってます。



応援クリックありがとうございます。
にほんブログ村 子育てブログ マルチリンガル育児へ
にほんブログ村


海外在住でも成功できる在宅オンラインビジネス
DATE: CATEGORY:子育て

20150310-00000015-irorio-000-1-view.jpg

米国オクラホマ州立大学の
最近の調査研究によると
子供を誉め過ぎて育てると、
ナルシスティックな性格になる
可能性が高い――
そうです。

調査を行なった一人である
伝達心理学の教授いわく

「我が子は他の子よりも優れている」
と思っている親に育てられた子は、
ナルシズム(自己愛的性格)の傾向が強く表れる。

「他の子よりも優れている、
と親に言われれば、
子供はそれを頭から信じて育ちます。
そうすると、心理学でいうナルシスティックな
性格になります。これは、将来子供が
社会に適応していく上で問題になるでしょう」

わが子が他の子よりも優れている
と思って接しているつもりはありませんが
なるべく褒めて育ててきました。

それは自尊心を養って欲しいからです。
自分に自信が持てれば、他人の可能性も
信じることができる。

ナルシズム(自己愛)はある意味
劣等感の裏返しかもしれません。
自分に自信が持てれば他人と比較する
必要がなくなるからです。

自分に自信を持ちつつも
他人から謙虚に学ぶ
そんな風に育ってくれたら
と願ってます。

応援クリックありがとうございます。
にほんブログ村 子育てブログ マルチリンガル育児へ
にほんブログ村



海外在住でも成功できる在宅オンラインビジネス




DATE: CATEGORY:子育て
クラスメートではないのですが
1学年下の男の子がゆっこに
暴言を吐いたり蹴っ飛ばしてきたり
といった嫌がらせを半年くらい続けてた
ようです。本人も悩んでいたようで
ようやく最近それを口にしました。

ただ面白半分でやっているのか
ゆっこにも生意気なところがあるのか
親が入っていいものなのか
いろいろ考えたのですが
エスカレートしてもいけないので
先生に相談することにしました。

先生は2人を呼びそれぞれの
言い分を聞いたところ、男の子は
反省し、泣きながらもうしないことを
約束したそうです。

結局単なる悪ふざけだったようですが
時に子供の世界は人権無視の
辛辣な世界だったりするので
深刻になる前に手を打てたのは
幸いでした。

”私は暴力を決して認めません。
自分の権利のために声を上げる
必要があるときにはそうすべきなのです。”
             マララ ユスフザイ

応援クリックありがとうございます。
にほんブログ村 子育てブログ マルチリンガル育児へ
にほんブログ村

copyright © 子育てブログ~マルチリンガル育児の試みinカナダ~ all rights reserved.
内職☆在宅ワークの最強は?アフィリエイト!. 初心者だってカッコ良いホームページ作るぅ!
Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。